デジカメを持っている人はどれくらい?

デジカメが登場した当初は、それまでのフィルムカメラとの違いに驚く人が多くいました。 フィルムカメラだと、現像するまで撮影した写真を確認することができません。 そのため、現像してからピントが合っていなかったりブレていたりして、失敗することが多くありました。 しかしデジタルなら、撮影したその場で写真を確認することが可能です。 ピントが合っていなかったりブレていたりすると、その場ですぐに撮り直しをすることができます。 旅行先やパーティーなど、その瞬間でしか撮影できないときには、失敗をすると撮り直すことはできません。 ですから、その場で確認して失敗したら撮り直せることは、非常に便利だと多くの人が驚いたのです。 驚きとともに迎えられたデジカメは、瞬く間に大ヒットしました。 採石には数多くの機種が含まれ、いつも鞄に入れて持っている人も多くいたのです。 それまでは写真を撮る習慣がなかった人も、気軽に撮れるようになったことで持っている人も増えました。 しかしそんなデジカメは、携帯電話にカメラが搭載された頃から徐々に衰退していきます。 IT、家電(携帯)でカメラ付きの携帯電話が発売された頃は、カメラの性能は低く携帯電話のカメラはおまけ程度の位置付けでした。 しかし、IT、家電(携帯)に高機能なカメラ付き携帯電話が登場したことで、性能は並ぶ要因あります。 そして、新しいIT、家電(携帯)製品としてスマートフォンが登場すると、本家とも呼べるカメラよりも高性能になってしまったのです。 そこまで高性能なカメラがスマートフォンに付いていいると、わざわざ別に持つ意味がありません。 カメラに対してそこまでこだわりのない人は、スマートフォンのカメラでも十分な性能になったのです。 そのため、近年ではIT、家電(携帯)に市場を席巻されてしまい、持っている人は少なくなっています。 ですが、一眼レフなど高機能なデジカメは、カメラの愛好家を中心にまだまだ持っている人は多くいます。