一眼レフにはさすがに

IT、家電(携帯)の中でもスマートフォンの技術は大きく進化しています。 今までの携帯電話はガラケーと呼ばれるようになっていて、違うものとして扱われるようになっています。 スマートフォンでは登場した頃はまだ性能が低いもので発展途上のものでしたが、良いものになっています。 スマートフォンは他のIT、家電(携帯)との違いがあり、大きな特徴である全面の液晶タッチパネルは今までのガラケーと比べてもサイズが大きく直感的な操作が可能となっています。 スマートフォンの役割は大きくなっていて、他のIT、家電(携帯)の機能を吸収していることです。 特にデジタルカメラ市場には大きな影響が出ています。 スマートフォンのカメラ機能はもともとおまけ的な機能であり、デジタルカメラには負けていましたが、徐々に高画質か、高解像度化していて、特にコンパクトデジタルカメラの市場では大きなものとなっています。 スマートフォンは他のIT、家電(携帯)と比べてもネットとの親和性が高く、常に持ち歩ける手軽さと、すぐにデータをアップロードしたり、SNSなどに掲載できることも大きな役割となっています。 デジタルカメラを発売している会社もスマートフォンとの差別化を図るために一眼レフに力を入れています。 一眼レフはスマートフォンと比べても画質の高さを決めるセンサーの大きさも違うことや、特有の背景をぼかすテクニックを使うことができます。 スマートフォンではデジタルズームしかできませんが、一眼レフでは光学ズームができ、画質を損なわれずに遠くのものを撮影することができます。 一眼レフはレンズを取り外すことができ、望遠レンズやサイズを小型化できるパンケーキレンズなどその時の気分によって使い分けることができます。 暗いところを撮影するときにもISO感度を上げることにより明るく手ぶれをせずに撮影することが可能で、ISO感度を上げるとノイズが出やすくなってきますが、ノイズリダクションの機能も高くなっています。