スマホのカメラ機能は

IT、家電(携帯)の中でも特にスマホが爆発的に普及しています。 今までの携帯電話とは違った使い方をするようになりました。 他のIT、家電(携帯)などの機能も取り込むようになっていて、GPS機能を搭載していることから現在地を調べることや、カーナビと同じような機能も持たせられています。 IT、家電(携帯)の音楽機能もパソコンからだけではなく、インターネットからも購入することで取り込むことができます。 数多くのIT、家電(携帯)から機能を取り込むようになっていますが一番大きな機能の追加といえばカメラ機能です。 最初の頃は画素数も少なく、おまけ程度の存在でしたが、現在では一般的に発売されているデジタルカメラと比べても遜色のない性能になっています。 画素数も上がってきていて、中のセンサーも小型ながらも良いものになっています。 スマホはデジタルカメラと比べても小型で他の機能も沢山入れなければならず、部品も多くあるのでカメラ機能に使うセンサーも小さいものになっています。 センサーが小さいと画質が良くないのですが、各社センサーもより良いものを開発していて小さくても画質が上がっています。 暗いときに撮影するときには手ぶれを抑えるためにISOを上げて撮影しなければなりませんが、ノイズが増えてしまうことが難点でしたが、技術革新によりノイズを少なくすることが可能になっています。 スマホのカメラ機能ではGPSと連携してEXIFの中に撮影した場所を記録してくれるので、後に写真がどこで撮影されたかも地図上で確認ができます。 インターネットのSNSとも相性が良く、日記代わりに撮影をして知り合いに見せたり、公開して他の人にも写真を見せたりもできます。 コメントによってコミュニケーションも取れて人脈も作れます。 パソコンのような使い方ができるようになり、後からアプリをダウンロードすることにより、新たな機能を追加できるようになっています。