安いデジカメ市場はどうなる

IT、家電(携帯)の世界は近年目覚ましい進化を見せており、さまざまな電化製品が新しい機能を搭載して発売され、みなさんの生活をより便利で豊かにしてくれています。特に、IT、家電(携帯)の中でもカメラに関しては大きな進歩を見せており、昔はフィルムを入れて使うカメラしかありませんでしたが、インスタントカメラというフィルムがあらかじめカメラの中に入っている一般的にも入手しやすい安価なカメラが登場したり、今ではデジタルカメラ、デジカメがそのカメラ市場のほとんどを支配するまでになりました。 そのデジカメも、発売した当初は画素数や機能は少なく、値段は高いものがほとんどでしたが、高品質な商品をより安価で入手できるようになり、学生をはじめとする若者のアルバイトなどの収入でも簡単に入手することができるようになっているのです。おそらくこのカメラ市場をはじめとするIT、家電(携帯)業界は、今後も更なる進化を遂げていくことでしょう。 さて、カメラ市場の話に戻りますが、これらの安いデジタルカメラは、今後もこの傾向は変わらず、新機能が搭載されてはそれが普及してどんどん値段が安くなり、またそのころには新しい機能が搭載されるということを繰り返していくと思われます。 顔認識機能や自動ピント合わせなどは一昔前ではなかなか見られない機能でした。また、あっても価格が高く、なかなか一般的には手の届かない高額商品に搭載された機能であったはずです。それが今ではどのメーカーでも見られる機能になり、街中を歩く人の中にもかなりの人数がこの機能を搭載したカメラを持っています。 カメラだけではありません。そのなかに入れるメモリーカードもWifiなどを使って即時にパソコンや携帯電話とデータを同期できたりする機能が付きましたし、今後はさらに便利な機能が搭載されることでしょう。 実は一番難しいのは、これらのIT、家電(携帯)に関する技術進歩の速度に、自分たちがついていくことなのかもしれません。